エンタメ

元新潟県知事米山隆一のハッピー米山の由来は?買春しても好感度下がらない理由

元新潟県知事米山隆一氏が作家でタレントの室井佑月さんと結婚することを発表されました。

米山隆一氏はハッピー米山と呼ばれているようですが由来は?

また買春しても好感度下がらない理由などもさぐってみました!

元新潟県知事米山隆一と室井佑月が結婚!

作家でタレントの室井佑月(50)が、前新潟県知事の米山隆一氏(52)と近日中に結婚することが9日、分かった。昨年末から交際していた。室井は再婚となる

2人は共通の知人を通じて知り合い、昨年末から交際に発展した。知人は「米山さんが猛アプローチして、室井さんもそれに応えたそうです」と明らかにした。2人は既に周囲に結婚を報告している。

 米山氏は東大卒で弁護士資格と医師免許を持つ。16年に新潟県知事に初当選し、18年に辞職している。現在は医師、政治家としての視点から新型コロナウイルスに関してさまざまな発信をしている。

 室井は昨年8月に乳がんの手術を受けた。関係者は「再発の不安を抱えながらの生活の中で、米山さんから熱烈なプロポーズを受けた。大きな心のよりどころになっているようです」と明らかにした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000187-spnannex-ent

元新潟県知事米山隆一のハッピー米山の由来は?

米山氏は

「ハッピー米山」と言われているそうですが、どういうことでしょうか?

2018年、新潟県知事時代に「ハッピーメール」という出会い系サイトを通じて20代の女子大生に対して、3万を払って交際していたことが文春によって明らかになりました。

つまり、当時50歳の米山氏が20代の女子大生を買春した。ということになります。

米山氏は、事実を認め知事を辞任されました。

元新潟県知事米山隆一が買春しても好感度下がらない理由

これだけを見ると、おっさんが、若い女の子にお金をチラつかせて、やることやってた。という見方になるわけですが・・・

米山氏はこうコメントしています。

出会い系サイトで知り合った複数の女性と交際し、金品を渡したのは事実か

 「事実関係はその通り。(金品も)そうです。私としては(恋愛であって)そのようなつもりはなかった」

 --1回会うたびに3万円ぐらい渡したのか

 「その程度です」

 --自由恋愛ということだが、金品を渡した意図は

 「歓心を買おうと思った。それによって、より好きになってもらおうと思っていた」

交際した女性は複数か

 「(時期が)少し重なってしまう部分は厳密にいえばあったが、基本的には(一定の期間中は)1人だった」

 --罪悪感は

 「『これは好かれるためにやっているんだ』と自分に言い訳をしていた」

 --体の関係を持つために金銭の授受をしたのか

 「言いづらいが、好きになるというのは、最終的には多少なりとも肉体関係を持ちたい気持ちと重なる。より好きになってほしいと思っていた」

なんでしょうか・・・なんとも寂しい男の告白というか・・・。

女好き!!というよりは、寂しかったという印象がありますね。

この会見をみて、なんだか可哀想になった。という人は多くいたようです。

非モテこじらせ系界隈の大物であった米山隆一さんの結婚は素直におめでとうと言いたい。辞任会見以降あの人は正直憎めないんだよな。粘着質のターゲットになった人や知事時代の部下の心労は大変だったろうけど。
米山さん あの会見すごく 可哀想だった