Uncategorized

東京記念suica発売を巡り暴動勃発!騒動の原因は何だったの?

東京記念suica発売の時に暴動おきまいしたが、あの騒動の原因は何だったの?

と知らなかった人や、忘れてしまった人のためにもう一度振り返りたいと思います!

東京記念suica発売を巡り暴動勃発!

東京駅の開業100周年を迎えた記念に、記念suicaが発売されることになりました。当初の見込みは、5000人でした。

1人で3枚まで購入可能だったため、5000人×3枚で15000枚を用意していたようです。

しかし、実際の購入希望者は、朝の時点で9000人以上。発売時間も大幅に繰り上げて販売しましたが、どんどんと人数は増え、また通常の鉄道利用者もおり、大混雑となりました。

そこで、騒動が勃発してしまったのです。

東京記念suica発売を巡り暴動勃発!騒動の原因は?

実は、JR東日本では、深夜に並ぶのは禁止にしていました。ところがふたを開けてみると、多くの徹夜組がすでに並んでいたのです。

ルールを守って始発できた始発組はびっくり。すでにこんなに並んでいたとは・・・。

JR東日本は、あまりの人数に販売を早めることにしました。しかし、始発組に届くまえに販売は中止となったのです。

ルールを守っていない人が購入できて、律儀に守った方は、購入できなかった・・・。こんなことでいいのか!?

とついに、暴動が起きてしまいました。

さらに、1人につき3枚購入できるけれども、こんなに並んでいるのなら1人1枚にしたらもっと多くの人が購入できたということも問題になりました。

怒り心頭という感じですね。とはいえ、鉄道好きの人はそこまで暴れることもなく静かに怒っている感じですね。

転売屋がオークションに出品

ほとんど買う人ができなかったのに、買えた人のなかでオークションに出品する人が出てきました。

転売屋さんが、徹夜して並んですぐに出品したのでしょうか。

2~3万の価格がついていたようです。東京記念suicaの販売価格が2000円なので、約10倍もの金額になったということですね。

こちらは9億円になっています。オークションをつぶされているような感じですが、恨みを買ったのかもしれません。

感想

こういうみんなが欲しがった。というようなsuicaは余計に欲しくなりますね!!