恋愛

モトカレマニアでわかった!好きな人が既婚者だった場合の忘れる方法

モトカレマニアでわかった!好きな人が既婚者だった場合の忘れる方法

付き合っていた恋人が実は、既婚者だった!!思い返してみればつじつまが合うかも・・・。

こんな経験をした方も少なくないでしょう。このまま付き合う気もないし、かといって彼の家庭の崩壊させて結婚する気もない。どちらかというともう忘れて別の恋がしたい。

でもやっぱり彼がいい。彼が忘れらない。本当に苦しいですよね。そんな時はどうしたらいいの?とお悩みの方に好きな人を忘れる方法をご紹介します!

恋人の好きと奥さんへの好きは違う

あんなに好きだと言ってくれたのに。私に夢中になっていると言っていたのに。まさか、奥さんがいて、子供もいて、休日は子供と一緒に出掛けていたなんて。

女性からすると、夢中で好きな人がいるのにどうでもいい人と一緒に住むなんて苦痛でしかないですよね。

既婚女性が夫以外の人と遊んで夫に対して冷たい態度をとるようになるのが、女性です。

一方、恋人も奥さんも愛せるのが男性なのです。

恋人である私に夢中になっているのだから、奥さんとの関係は冷めてるよね??いえいえ、とんでもない!!

奥さんとも仲良くしているのが、男性なのです。もちろん、口では「奥さんとは冷めきっている」なんて言っているかもしれません。

しかし、それはあなたを落とすために言っているにすぎません。

「今、目の前の女性を全力で愛してる。」と色んな女性に手を出しながら、既婚男性は話します。

男性は一度に複数の女性を愛することができるということを知っておきましょう。

自分を磨く

既婚男性と付き合っていて、結婚していると知ったあともずるずると関係を続けてしまう。本当は、忘れたいのに!と関係を清算できずに苦し思いをすることもあるかと思います。

それは恐らく、彼以上の人がいないから。ではないでしょうか。

「いい人はみんな結婚している。」

これはよくいいますよね。既婚男性にはかっこよくて感じのいい人が多いのに、独身男性は全然魅力がない・・・と感じている人もいるでしょう。

そうなんです。いい男性というのは女性が離しませんから、すでに既婚者というのは当然ですよね。

彼以上にいい独身の男性がいたら、すっぱりと忘れて新しい恋をするのに。でも彼以上の男性なんてそうそういないんだよね。

そうです!!素敵な独身男性は少ない!!

しかし!もし目の前に素敵な独身男性が現れた時に、あなたはその男性から選んでもらえるでしょうか?

既婚男性とズルズルと関係を続けて忘れらない・・・と未練たらたらのあなたを素敵な男性が選ぶかどうかを考えなくてはいけません。

彼のことが忘れられない・・・と悩む時間を、未来の素敵な男性のために、選ばれる女性になる努力をする時間に置き換えていきましょう。

行動パターンを振り返る

あなたがさみしくなる時、彼のことを考えて苦しくなる時、忘れたいのに会いたくなる時。

それはどんな時でしょうか?

思い返してみると行動のパターンは決まっているものです。

  • 友達のSNSを見たら恋人とデートをして仲良さそうだなと感じた時
  • 嫌な事があった時
  • 休日に何も予定が入っていなくて寂しい時
  • 誰かに頼りたいと思った時
  • 暇なとき
  • 無性に寂しい時

他にもあなたが彼に会いたい!やっぱり忘れらない!と思うことはあるのではないでしょうか。

それは、安心感、やすらぎ、承認されている、心を開けることができる、孤独を埋めてくれる。

こういった効果を求めて、彼に会いたくなるのではないでしょうか。

実は、これは彼でなくても埋めることは可能です。何も世界中でたった一人彼だけがあなたの気持ちを埋めることができる人ではないはずです。

むしろ、人でなくても物や行動で埋めることも可能なんですね。

例えば、承認されたいという気持ちは仕事の成績や、趣味の成果でも置き換えることは可能です。

成果がでることで、承認されたいという欲求はかなり満たされます。さらに、成果を出すことに夢中になっていると孤独も忘れられる効果もあります。

彼以外のことを考える時間が増えると、彼を自然と忘れることができます。

何も、大きなことをしなくても大丈夫。急にさみしくなったら、元気が出る映画を見てみたり、大好きなカフェに行くとかでもいいのです。

大事なことは、彼のことを考えてしまう行動パターンを一つ一つ潰していくこと。これまでしていた行動を別のものに置き換えてみましょう。

まとめ

彼を忘れるためには、彼のことを攻略しなくてはいけません。まずは男性の性質を知ること。

そして、自分のことをよく知る必要もあります。彼があっての自分ではなく、自分があっての恋人なのです。自分のことをよく理解し、行動を変えていくことで、無理せずに自然に彼のことが忘れられるでしょう。