スポーツ

星稜高校サッカー河崎護が理事の「一般社団法人B」の名前は?特定

星稜高校サッカー河崎護が理事の「一般社団法人B」の名前は?特定

野球やサッカーで有名な星稜高校のサッカー総監督に、暴言、暴力などのパワハラ疑惑とともに、お金に関することでも問題になりました。

サッカーの総監督である河崎護氏は自分が代表理事を務める団体にお金を使わせて、自分に利益が出るようにしていたようです。

その代表理事を務める団体が一般社団法人「B」や、株式会社「C」。

今回は、一般社団法人「B」について調べてみました。

星稜高校サッカー河崎護総監督がお金の不正疑惑

疑惑は今年1月、サッカー部のコーチでもあったA教諭が、星稜高校を経営する学校法人「稲置学園」に上申書を提出して“告発”。学内では大騒ぎとなったという。

「金銭などをめぐる疑惑が、びっしりと書かれている。カリスマに盾突く内部告発で、衝撃でした」(星稜高校サッカー部関係者)

 本誌はA教諭が提出した「上申書」全文を入手。数々の物証が添付されて、100ページ以上の分厚いものであった。

■主な内容は以下のとおり。

1 サッカー部の保護者会の会費、サッカー用品の購入代金などが、河崎氏や関係者の個人口座に入金。銀行通帳が開示されず適切な会計報告がなされていない疑惑。

2 サッカー部の保護者会の会計で「使途不明金」の存在が指摘されている疑惑。

3 一般社団法人Bが経営する接骨院へサッカー部の選手を「強制的」に通院させている疑惑。

4 学校内で河崎氏が一般社団法人Bの業務を行い「兼業」している疑惑。

5 出張していないにもかかわらず、虚偽の出張届を提出していた「カラ出張」の疑惑──。

 申立人のA教諭は本誌の取材に言葉少なにこう語った。

「星稜高校、サッカー部の選手、OB、保護者のことを憂いて行動したまでです。今、第三者委員会で審議を頂いているので待つのみ」

 一方、河崎氏に取材を申し込んだところ、星稜高校が書面でこう回答した。

「(河崎監督の部員へのハラスメントについては)現状において事実を把握していないが、早急に調査委員会を設置し、事実確認を行いたい」

 A教諭が提出した「上申書」については「事実存在を含めて、当事者及び関係者並びに通報者において、極めて機微に触れる情報であるので回答は一切を差し控えたい」とした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191027-00000006-sasahi-socc&p=2

やりたい放題になってしまっていたことが伺えますよね。

河崎護監督が理事を務める一般社団法人「B」の名前は?

こちらの一般社団法人「B」というのは、何ていう名前の法人なのでしょうか?

調べてみましたがわかりませんでした。学校では副校長、一般社団法人の理事、株式会社の理事もしているなんて、かなりの年収だと思うのですが、

いくら年収が多くても、不正をしてしまうものなんですね。

ネットの反応は?

自宅待機状態なんだったら間違いなく黒だろう
星稜高校の監督がひどいというのは、前から知っていたので、やっぱりかという感じ
星稜高校のサッカー部が遠征の時に宿泊されるホテルに勤務していましたが、監督の影響なのか一緒に泊まられる親御さん達がいつもピリピリしてホテル側に無理難題を要求してくる事が多々ありました。

夏場は朝から30分以内に多数あるのクーラーボックスに全て氷を入れろ。
冬場は多数あるポットに全てお湯を入れろ。
夜もエントランスで他のお客様がいても大声でミーティング。

もう周りが見えなくなってしまう程自分達中心で
した。
監督の圧力ではないかもしれませんが。

学校側がどちらを守るかが見ものですね~。少し前なら、監督を守ってたでしょうけれど、もう時代が違うからね。