グルメ

幸せにしてあげるわよで紹介!朝食の女王サラベスの経歴・成功哲学

幸せにしてあげるわよで紹介!朝食の女王サラベスの経歴・成功哲学

10月1日放送の「幸せにしてあげるわよ」で紹介された最高の朝食を作る女王に登場した、「サラベス」の創業者サラベスさん。

普通の主婦だった彼女がどうやって成功したのか?また彼女はどんな経歴があるのか?

サラベスさんの成功哲学も調べてみました!

朝食の女王サラベスの経歴について

  • 1943年、ニューヨークで生まれる
  • 1978年、35歳の時に叔母の家で食べたマーマレードに感動する。そのマーマレードを研究し始める。
  • 1980年、自宅でマーマレードを作って販売するとまたたく間に評判になる。
  • 1981年、現在の夫と一緒にベーカリーレストランをオープン。クロワッサンや手作りのスプレッドが美味しい!とすぐに有名店になる。
  • 1983年、サラベス・イーストサイド店をオープン。

ここから、どんどんと店舗が拡大。

ニューヨーカーたちがサラベスのお店に朝から行列を作ることから、

「ニューヨークの朝食の女王」と呼ばれるようにまでなりました。

現在は、アメリカ、台湾、韓国、UAE、日本に店舗があり計22店舗を経営しています。

実はサラベスさんは、現在の夫と出会うまではシングルマザーで、教師、水着のデザイナー、歯科助手などの仕事を育児をしながら奮闘していたそうです。

マーマレードに出会うまでは、本当に普通の主婦でシングルマザーだったことが伺えますよね。

朝食の女王サラベスの成功哲学

 

この投稿をInstagramで見る

 

sarabeths_osakaさん(@sarabeths_osaka)がシェアした投稿

ごくごく普通のサラベスさんが美味しいマーマレードを作ったことでビジネスが成功したのか?

どうもそういうわけではないようです。

  • 自分の成功は「意志」がもたらしたもの
  • 自分の好きなものを作り出したら、それは客が喜ぶもの
  • 14時間働く
  • 仕事を愛する
  • 仕事に対して情熱とビジョンがある
  • 頭でビジネスをするのではなく、心からやりたいことをした
  • 自分に厳しい

本当に自分がいいと思ったことを情熱を持って、自分を律しながら、必死に努力していく。まさに、何のテクニックもなく、ただひたすらに真面目に頑張る。

彼女ほどの情熱を持つ人は恐らくほとんどいないでしょう。

現在74歳ですが、いまだに早起きして現場にたち、妥協をしない。普通だったら、一財産築いたら、

少しのんびりと夫婦で過ごそうか。と考えたりもするでしょう。

サラベスさんは、仕事がなくなったら何をしたらいいかわからない。と話しているそうです。

心から思うことを形にしていて、こころからの充実が得られているからこそ、のんびりしたい、休みたい、リタイアしたい。とは思わないのかもしれませんね。

サラベスさんの成功哲学は心に描いたことをただただコツコツとやり続けること。といえますね。

朝食の女王サラベスの店舗は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

sarabeths_osakaさん(@sarabeths_osaka)がシェアした投稿

こんな妥協を許さないサラベスさんの朝食。食べてみたくて仕方がなくなったのではないでしょうか?

ありがたいことにニューヨークまで行かずして日本でもサラベスさんの朝食を味わうことができます。

日本の店舗一覧

  • サラベス 東京店
  • サラベス ルミネ新宿店
  • サラベス 品川店
  • サラベス 大阪店
  • サラベス 名古屋店

近くにお住まいの方は本当にラッキーですね!それ以外の方は出張や旅行に行ったときにでも立ち寄ってみてくださいね!

口コミは?

バターミルクパンケーキ フルーツスプレッド添え がおすすめです♡
今日はサラベス行ってきた〜!シェパードパイがめっちゃ美味しかった
夜でも朝食の食べられるサラベスというところに初めて行った…美味しくて楽しくて最高だった…!エッグベネディクトとパンケーキ両方食べられて、ドリンクはお酒も選べるなんて最高のコース。