新型コロナ

名古屋市港区の佐川急便配達員がコロナ感染!感染源は?どこの事業所?

名古屋市港区の佐川急便配達員が新型肺炎のコロナに感染したことが発覚しました。

一体どのようにして感染したのか?感染源は?また佐川急便のどこの事業所なのか?

口コミをまとめました。

名古屋市港区の佐川急便配達員がコロナ感染!

 佐川急便は9日、名古屋市港区の「港営業所」に勤務する60歳代の男性配達員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。佐川急便は男性の陽性が判明した8日夜から同営業所の業務を停止し、業務スペースやトラックなどの消毒作業を行っている。

佐川急便によると、男性は宅配協力会社の配達員で、名古屋市昭和区で配達業務を行っていた。7日の出社時の検温で37・5度以上の発熱があったため、配達業務をせずに医療機関を受診。8日夜に陽性が確認された。社内の濃厚接触者には自宅待機を指示したほか、配達先にも濃厚接触者がいないかなどを調べている。

名古屋市港区の佐川急便配達員のコロナ感染源は?

佐川急便の方がどこでコロナに感染したのかは、まだはっきりしていません。まさか配達していて感染したの?

という声もあり、全国の配達員の方も気が気でないですよね。

佐川急便のどこの事業所で発生した?

佐川急便の港営業所で、現在は営業停止しているようですね。