新型コロナ

大阪なみはやコロナ陽性看護師に勤務命令!医療崩壊は前から?病院の評価・口コミは?

大阪なみはやリハビリテーション病院では、新型コロナの集団感染が発生していましたが、人手不足から、コロナ陽性看護師に勤務するように命じていたことが発覚しました。

ネット上では、「あり得ない!」「嘘でしょ?」

という驚きの声とともに批判が出ていますが、

医療崩壊は前からあったのものなのか?

なみはやリハビリテーション病院の評価や口コミはどんな感じなのか?調べてみました。

大阪なみはやリハビリテーションコロナ陽性看護師に勤務命令!

職員ら120人以上が新型コロナウイルスに集団感染した大阪市の病院で、陽性反応の出た看護師に勤務を続けさせていたことがわかりました。

大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」では、22日までに医療従事者や患者ら、あわせて122人の感染が確認されています。

大阪市保健所によりますと、この病院は、女性看護師がPCR検査で陽性と判明した後も、20日から翌日朝まで勤務を続けさせていたことがわかりました。

女性看護師はその後、保健所からの指導で帰宅したということです。

女性看護師は感染者だけが入院する病棟に勤務していて、感染していない患者との接触はなかったとみられます。

病院側は保健所の調査に対し「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」と話しているということです。

感染した看護師の同僚の女性看護師がABCテレビの取材に答えました。

(Q.病院はPCR検査で陽性反応が出たスタッフを働かせていた?)

「はい、そうです。私、そのことがあり得ないと思って。上司から『陽性の人と勤務して下さい』と、はっきり言われた。

スタッフの安全が保証されていない状態だと、満足な医療や看護の提供が難しい。満足な医療・看護が提供できないのは医療従事者としても、ものすごくつらい」。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00026008-asahibcv-l27

大阪なみはやコロナ陽性看護師に勤務命令!医療崩壊は前から?

こうなると、この病院は以前から勤務体制として医療崩壊していたといえる。いのちを粗末にした結果と言われても仕方ない。がんばっている医療従事者たちが救われない
コロナウイルス陽性看護師さんがいないと回らない病院て…自粛しないで遊び歩いてる人達真剣に捉えてない人達がいる限りこういうの全国でもっと増えてくよ、そういう人達のせいで医療崩壊していく
これこそ医療崩壊… てかありえない理由
もう医療崩壊してるね、 日本はホントに大変な事になってると思う。

大阪なみはやリハビリテーション病院の評価・口コミは?

入院・手術をしましたが、周りのナースの方々や先生方の親切のおかげで、乗り越えることができました。
病院自体はすごくキレイで、食事も予想以上においしく、手作りな感じがして、すごくよかったです。
看護師さんに話しやすい雰囲気

探してみても悪い口コミは見当たりませんでしたし、普段から勤務体制も無理なものではなさそうです。

今回の新型コロナ集団感染があまりにも異例のものだったために、判断が鈍ってしまったのかもしれません。

医療現場は急を要する判断が日々行われていると思いますし、生きるか死ぬか。判断ミスが命とりとなりますので、ときに無理なこともしてしまいがちになるのかもしれません。