ニュース

マグロの初競り2020落札者は誰?価格は?すしざんまい?いくらで食べられる?

マグロの初競り2020落札者は誰?価格は?すしざんまい?いくらで食べられる?

今年もやってきましたね!正月の風物詩となったマグロの初競り!!2020年の今年は、一体誰が落札するのか?

また競りの価格は?

今年もまたすしざんまいの社長が落とすのか?さらに、いくらで食べられるのか?

気になることがいっぱい!色々と調べてみました。

マグロの初競り2020落札者は誰?

マグロの初競り2020年の落札者は、1月5日の初競りに結果がでます。

また結果がでましたら更新させていただきます!

結果でました!!

落札者は・・・

「すしざんまいの木村社長」です!!

マグロの初競り2020・マグロの落札価格は?

2019年はみなさんも記憶に新しいのではないでしょうか?

すしざんまいの社長が3億3360万円で落札していましたね!

この金額に誰しもがびっくり仰天!でも、一番驚いたのはすしざんまいの社長だったようですね。

「やりすぎた・・・」

とポロっと口にしていたのも記憶に残っていますww

今年は、どんな金額になるのか?楽しみです!!

結果は・・・

 豊洲市場(東京都江東区)で5日早朝、令和初となる新年の初セリがあった。毎年高値となって話題になる生の本マグロは、青森・大間産276キロに

1億9320万円(1キロあたり70万円)の値がついた。

記録の残る1999年以降では、昨年の大間産278キロの3億3360万円(同120万円)に次いで、過去2番目の高値となった。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASN1531DDN15UTIL002.html

去年から比べると、金額が低くなったなあという感じはしますが、それでも2億ちかく!!

やばいですね~。

マグロの初競り2020落札者はすしざんまいの社長?

やっぱりここまできたら、落札者はすしざんまいの社長でしょうか?

マグロの初競りは年々メディアが大きく取り上げるようになりました。私の、初競りのおかげで、「すしざんまい」というお店を知りましたから、宣伝効果はかなりのものです。

3億以上かけても、宣伝効果が欲しい!というお店はひょっとしてすしざんまいを超える価格で勝負してくるかもしれませんね!

初マグロはいくらで食べられる?

すしざんまいが落札してくれたら、例年通り、一貫429円で提供されるだろう。

しかし、普通の寿司店ならば、一貫2万円はかかるかもしれません。

ここは是非、すしざんまいに落札してもらいですね!!

大トロ398円 中トロ298円 赤身198円で振舞われたそうです。

めちゃくちゃ美味しそうですね。たべたい・・・