ニュース

希少トカゲ「密輸」 で書類送検!社長と他5人の顔画像や名前は?

国際取引が規制されているペレンティーオオトカゲを密輸したとして、5名が書類送検されました。

社長の名前や他6名について調べてみました。

希少トカゲ「密輸」 社長ら書類送検の概要

 

国際取引が規制されている「ペレンティーオオトカゲ」を香港から密輸するなどしたとして、警視庁は爬虫類卸売業の男性社長ら6人を書類送検しました。

オーストラリアに生息する「ペレンティーオオトカゲ」は、最大で体長2メートルほどに成長し、美しい模様で人気がありますが、絶滅の恐れがあるとして国際取引が規制されています。この「ペレンティーオオトカゲ」2匹を国の承認を得ずに香港から飛行機で密輸するなどしたとして、神奈川県厚木市の爬虫類卸売業の男性社長(36)ら6人が外為法違反などの疑いで書類送検されました。

警視庁によりますと、男性社長は2匹をダンボールに入れて運んでいて、それぞれ最終的に600万円と330万円で転売されたということです。

Q.注文が入ったから?
「とりあえず、お客さんの要望に応えているだけですね」(ペットショップ経営者、今年8月)

Q.法に触れることは、ご存じだった?
「それはもう反省していますよ」(ペットショップ経営者、今年8月)

Q.輸入してしまったことは軽い気持ちで?
「今回まじで、ほんとに・・・これから気をつけないとと思います」(ペットショップ経営者、今年8月)

男性社長は、このほかにも国の許可を受けずに感染症予防法の指定動物でサルの仲間のポト11頭を西アフリカのトーゴから密輸したり、天然記念物のリュウキュウヤマガメを飼育したりしたとして書類送検されました。容疑を認めたうえ、「これで警察が来るとは思わなかった」と話しているということです。(26日11:20)

引用:<https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191126-00000053-jnn-soci/blockquote>

希少なだけあってかなり高額な取引がされてたんですね。マニアにはそれだけの価値があるんですね。

希少トカゲ「密輸」 社長ら書類送検・社長の名前は?

社長の名前は公表されていませんでしたが、神奈川県厚木市で動物輸出入業「メイプル」代表取締役の男性だそうです。

希少トカゲ「密輸」 社長ら書類送検・他5人の名前は?

他5名も名前の公表はありませんが、爬虫類などのインターネット卸店「ジュエル」経営者、横浜市のペット販売業者、大阪府吹田市のペット販売業者、仙台市のペット販売店経営者、いずれも男性が書類送検されたみたいです。

場所を見ると全国展開せれてる大きな組織に感じますね。そういったネットワークがあるのでしょうか。

ネットの反応

欲しい人は600万でもほしんだね
密輸だって知ってたんだろ