グルメ

カニカマにはどんな添加物が入っている?塩分や栄養・成分を調査!

カニカマにはどんな添加物が入っている?塩分や栄養・成分を調査!

カニカマって美味しくて、彩りもよく、どんな万人受けもいいですし、子供も大好き!値段も手ごろで、普段の料理にいっぱい使いたい!!

でも、カニカマっていわゆる「ねりもの」かまぼこですが、添加物が色々と入ってるんじゃ・・・と気になる人も多いはず。

今回は、カニカマにはどんなものが入っているのか?を調査してみることにしました!

カニカマにはどんな添加物が入っている?

庶民の味方。カニカマ。ちょっとしたおつまみやお弁当のおかず、お料理にもよく使いますよね。

それだけに添加物のことはちょっとばかり気になります。

カニカマでよく使われる添加物はこちら

  • 調味料(アミノ酸等)
  • ソルビトール
  • 乳化剤
  • トレハロース
  • pH調整剤
  • 香料
  • 貝カルシウム 

どれもよく見かける添加物ですね。調味料はいわゆるうま味調味料で、最近ではほとんどの加工食品に入っている調味料です。

ソルビトールは保存料の役割をしています。トウモロコシから作られており、保存料の役割だけではなく、味染みがよくなります。

乳化剤は、水と油のように混ざり合わないものを上手にまとめ合わせるための添加物です。まとめるだけでなく色んな効果があり、かなりの食品に使われています。

現在、日本で使われている乳化剤は安全が確認されたものが使用されています。

トレハロースは天然の糖質です。美味しさや食感が食品の保湿効果や保存効果もあり、よく使われます。

ph調整剤は変色や変質を防ぎ、腐敗などを抑えるために、食品を弱酸性に保つものです。ph調整剤とは、リン酸・クエン酸・コハク酸・酒石酸などメーカーによって、何を使用しているかは違ってきます。

一括表示でph調整剤でいい。とされているので、何がどれだけ入っているかは、知らせなくていいようですね。

といっても、そんなにおびえる必要もないかとは思います。

いいものでさえ、摂りすぎると毒になったりもしますし、カニカマも大量摂取、過剰摂取にはせずに、ほどほどに、楽しく付き合っていくのがいいかと思います!

カニカマの添加物は気にしなくて良さそうです!!

カニカマの栄養成分は?

では、次に、カニカマにはどんな栄養が入っているのか?を見てみましょう!!

カニカマ100グラムあたりの栄養成分

  • カロリー (kcal) 90
  • 脂質 0.5 g
  • 飽和脂肪酸 0.1 g
  • 多価不飽和脂肪酸 0.2 g
  • 一価不飽和脂肪酸 0.1 g
  • コレステロール 17 mg
  • ナトリウム 850 mg
  • カリウム 76 mg
  • 炭水化物 9 g
  • 水溶性食物繊維 0 g
  • 不溶性食物繊維 0 g
  • タンパク質 12 g
  • ビタミンC 1 mg カルシウム 120 mg
  • 鉄 0.2 mg ビタミンD 1 µg
  • ビタミンB6 0 mg コバラミン 0.7 µg
  • マグネシウム 19 mg  

カニカマの塩分は多い?少ない?

実は、カニカマの塩分量は低く、他の練り物よりもはるかに少ないのです。

ちくわなどに比べても塩分は低いですし、最近では塩分控えめの商品も出ていますので、塩分を抑える必要のある方にはぴったりの食材だと言えますね!

まとめ

カニカマ美味しいけれど、添加物が気になる!!ということでしたが、調べてみるとそこまで気にしなくていいみたいですね。

塩分も少ないですし、サラダに入れると野菜もたっぷりとれますし、上手にカニカマを使って美味しい食卓にしたいですね!