ニュース

原発マネー受け取り関電役員6人は誰?名前顔画像は?批判殺到!

原発マネー受け取り関電役員6人は誰?名前顔画像は?批判殺到!

福井県高浜町の元助役から関電役員6人が1億8000万円を受け取ったとして、関電が謝罪会見を開きました。

原発マネーか!?と言われていますが、こちらの受け取った6人とは一体、誰だったのでしょうか?

関電役員6人が1億8000万円を受け取り!

 関西電力の八木誠会長(69)、正副社長ら役員6人が2017年までの7年間に、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役(3月に死亡)から、計約1億8千万円の資金を受け取っていたことが、金沢国税局の税務調査で分かった。複数の関係者が26日までの共同通信の取材に明らかにした。

 元助役は資金提供について「お世話になっているから」と説明しており、工事費として立地地域に流れた「原発マネー」が経営陣個人に還流した可能性がある。

 関電広報室は26日夜、「一時的に各個人の管理下で保管していたものはあるが、儀礼の範囲内以外のものは既に返却を完了した」とコメントした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000004-kyodonews-soci

6人で単純に割っても、1人3000万ずつ・・・これだけ渡してどんなメリットがあったのでしょうか?

見てみましょう!

原発マネーの流れ!

引用:https://mainichi.jp/articles/20190927/k00/00m/040/019000c

関電から仕事をもらえるように、高浜町の建設会社が福島県高浜町助役の森山氏に対して接待、賄賂を渡していたようですね。

当然、その流れをしっている関電は、下請けに仕事を流す時にも、その建設会社を使う。

あの災害から、復興時にこんなことが行われていたのですね。

原発マネー受け取り関電役員6人は誰?名前顔画像は?

6人のなかには、

八木誠会長(69)のほかに岩根茂樹社長(66)、豊松秀己元副社長(65)が含まれる。

ということでした。

あとの3名についてはまだ情報が公開されていないようですね。

こちらの3人です。左から 八木誠会長、岩根茂樹社長、豊松秀己元副社長となっています。

原発マネー受け取りに対する口コミは?

唖然呆然…こりゃあすさまじいね、原発腐敗マネーの額、桁違い。これだもの死に物狂いで推進。他電力会社と地元推進派の関係も同じ腐り方
とてつもなくひどい記者会見だった。総額は3億2千万円、関与者20名らしいが、詳細は明かせないと。もらった金品の内容についてもほとんどわからず
これが原発マネー。地域を売り飛ばして儲けたジジイにも処罰を。そして、今もこんなカラクリがないかチェックして
関電経営者への原発マネー還流が、1億8千万円じゃなく3億2千万円だった。これは、関電だけじゃなく他の電力会社も調査すべきじゃないのかな?どうも原発マネー還流が常識のようになっているとしか思えない。根拠はないが。
関電幹部20人に3億円との報道。今回は手数料のキックバックのようだが、3億円は氷山の一角で、今後、捜査すれば工事費の過大積算で無駄に支出した実態が明確になるはずで捜査は絶対必要、原発マネーが原発擁護学者等に関電が支出している実態も炙り出すことが肝要だ。八木会長を逮捕し関電を捜査せよ。