おでかけ

埼玉・秩父観光におすすめ「F1ドリーム秩父」でゴーカート体験!

埼玉・秩父観光におすすめ「F1ドリーム秩父」でゴーカート体験!

埼玉県秩父市の秩父アミューズメントパーク秩父の施設内で、営業しているのが、F1ドリーム秩父です。

運営は本庄サーキットが管理運営している、レンタルカート場になります。

F1ドリーム秩父の系列には以前、宮沢湖にあったレンタルカート場が移設した、モーターパーク所沢があります。

秩父観光に来た際の、思い出にもなりますから、立ち寄ってみるのもいいでしょう。

F1ドリーム秩父のゴーカート施設について

秩父アミューズメントパーク施設のスポーツの森にレンタルカートのF1リゾート秩父があります。

受付はプレハブを事務所兼受付場所となっています。

併設している施設としては、

駐車場:直接の乗り入れが、確かできなかったと思います。秩父アミューズメントカークの最寄りの駐車場を利用することになります。

ガレージ:レンタルカートの調整施設となっており、持ち込みは、カートの種類によっては、無理なケースもあります。

観覧席:高台からの見まわすことができません。パーテーションパネルで仕切られた場所からの観戦になります。

男女トイレ:レンタルカート場にはなく、秩父アミューズメントパーク内の施設を利用ください。

男女更衣室(シャワーなし):女性専用の更衣室はありますが、男性用はなかった気がします。

カート周回確認用センサー

となっており、コース施設としては、他のレンタルカート場と比較しては、秩父アミューズメントパーク内に施設があるため、施設的には物足りなさを感じます。

◇料金は?

 

F1リゾート秩父では、完全なレンタルコースとなっているので、いつでも気軽に、F1に乗っている気分を味わうことができます。

但し、年に数回、F1ドリーム秩父では40分耐久レースを開催しているので、その日にぶつからないように、行く日には問い合わせをして起きた方がいいでしょう。

コール貸し切りも可能ですから、会社のイベントや友達同士で、気軽にレースも可能です。

使用しているカートは、最近のレンタルカート場には珍しく、イギリス製のBIZ製カートを使用しています。

エンジンは200㏄の4ストロークで最高速度は60kmとなっており、体感速度は100kmくらいになるでしょう。

他には2人用レンタルカート(アメリカFK2社製)を採用しており、200㏄の4ストロークで最高速度は30km

キッズカートも用意されており、FUNカート(アメリカFK2社製)200㏄4ストロークで最高速度は30kmとなっています。

FUNカートは身長125cmから乗れることができます。

F1リゾート秩父では、近隣のレンタルカートとは違ったメーカー製を使用しているので、珍しいさを求めて、乗ってみるのもありでしょう。

料金

一般:

BIZカート 5周2000円 10周3000円

2人用カート3周1500円 5周2000円 10周2500円

FUNカート 3周1000円 5周1500円 10周2000円

会員:

BIZカート 5周1000円 10周1500円

2人用カート3周1000円 5周1500円 10周2000円

FUNカート 3周500円 5周1000円 10周1500円

レンタル回数券

一般:10周×2回 4800円 10周×3回 6900円

会員:10周×2回 2800円 10周×3回 4000円

会員になると、結構な値引き率になります。

会員費用:入会金2000円 年会費4000円 合計6000円

入会特典:

10周券プレゼント

ポイントカードプレゼント

姉妹系列店でも割引料金が適用

パーク所沢でも会員割引でレンタルカートに乗る事が可能という事です。

◇コース概要

 FIリゾート秩父のコースは

全長:650m

全幅:6~7m

ホームストレート:不明 ホームストレートよりもバックストレートの方が長いです。

一般的なカートコースとは違って、ストレートの長さが、バックストレートの方が長いです。

コースの長さはレンタルコースにしては若干長めの設定になっています

右回りのコースで、コーナーは全部で、11コーナーとなっており、駐車場をそのまま使用しているので、アスファルトの改修工事をしていなければ、路面状態はバンピー感があります。

F1リゾート秩父のコース特徴というよりも、周回方法が独特で、コース上には入れるだけカートが走行しています。

スタートするときも、周回を重ねているカートの様子を見ながら、コースインしなければならないので、高速道路の合流が苦手な人には、タイミングがつかみにくいかもしれません。

1周目は、コース習熟で、2周目から全開になっていきます。

10周走行し終わると、車のゼッケンが記されたPITボードが出され、それを見てコースを1周してから、PITロードに入ります。

コース的には、最終コーナーから3コーナーまではアクセル全開で行きます。

4コーナー以降はストレートとコーナーの組み合わせが、あるので、印象的には高速レンタルカートコースのイメージがあります。

いろいろな方が走っているために、抜くポイントを間違えると、タイムロスにつながります。

7コーナーから9コーナーまでは、S字コーナーも存在しているので、ここを上手く乗りこなせば最終コーナーはアクセル全開で行けます。

◇何歳から楽しめる?

キッズカートとして、FUNカートが用意されています。

身長が125cm以上であれば、乗る事ができるので、大体小学生3年生くらいからと考えておいた方がいいでしょう。

◇持ち物は?

基本は手ぶらでもOKなのですが、グローブ(軍手可)は最低持っていくべきでしょう。

有料で軍手を購入することになります。

ヘルメットもレンタルする場合には、フェイスマスクも購入します。

◇服装は?

服装は基本的には、長そで長ズボンですが、女性でスカートで来場されている方には、長ズボンを貸してくれますので、スカートで来場されても問題はありません。

◇アクセス

F1リゾート秩父へのアクセス

関越自動車道花園ICから一般道経由で60分・有料道路経由で35分

F1リゾート秩父

〒368-0053

埼玉県秩父市久那637-2

TEL 0424-22-8141

◇おすすめランチ情報

秩父アミューズメントパーク内にも食事をする施設がありますが、秩父名物を食べたい方は、西武秩父駅周辺まで行くのが無難でしょう。

野さか

西武秩父駅周辺で国道140号線沿いに店舗を構えています。

レトロチックな店舗ですが、秩父名物の豚みそ丼の専門店です。

日曜日が定休日なので、注意してください。

 

名物 秩父そば立花

西武秩父駅周辺で国道140号線沿いに店舗があります。

秩父で栽培された地粉を使ったそばが有名です。

また、わらじかつのセットもるので、名物を食べたい方にはいいでしょう。

◇売店はある?

受付時にプレハブの店内に入りますが、これといった売店という感じはなかったです。

自販機が外に置いてあっただけの気がします。

F1リゾート秩父に行った感想

最初に行ったときには、カートはPK50を使用していたのですが、それでも、現在のタイムと変わらないくらいでしょう。

特にスタートするときの難しさは半端ないですね。

本格的にカートをしている方には、若干物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、それでも、自分のマシンで無いと割り切れれば、楽しめると思います。

初心者で40秒・経験者なら30秒を切ることを目指すのがいいかもしれません。