グルメ

小豆粥を食べる日にちはいつ?甘い?いわれや意味、風習について

小豆粥を食べる日にちはいつ?甘い?いわれや意味、風習について

どこかで見かけた小豆粥。冬になったら食べたりしますが、そういえば小豆粥っていつ食べるものだっけ?と忘れてしまいますよね。

また小豆粥って甘いの?という疑問や、小豆粥を食べる意味や由来について調べてみましたのでご紹介します!

小豆粥を食べる日にちはいつ?

小豆粥を食べる日は

小正月=1月15日

日本では、小正月、つまり1月15日に小豆粥を食べる風習があります。

ちなみに韓国では、小豆粥のことをパッチュクをいい、冬至に食べる風習があるそうですよ!

小豆粥は甘い?

ぜんざいをイメージするので、ついつい甘いお粥なんじゃ・・・と思ってしまいますよね。しかし、基本的には塩味のみの味付けで甘いものではないです。

ただ、小豆自体に甘味がありますので普通のお粥よりかはほんのり甘く感じる人もいますが、いつも食べているぜんざいのような甘さには到底およびません。

しかし、甘い小豆粥が好みの人も多く、砂糖を入れて食べる場合も多いみたいですね!

家族で食べる時は、塩で味つけして、それぞれ食べる時に砂糖を加えたりして食べるといいようです。

また、サツマイモやカボチャを入れて甘くして食べるのもおすすめです。子供が喜びそうですね!

小豆粥のいわれや意味、風習について

小正月に小豆粥を食べるという風習は平安時代に宮中のころから行われ、枕草子の文中や、土佐日記の中でも小正月に小豆粥を食べている描写がでてきます。

もともと中国では冬至や小正月に無病息災を願って小豆粥を食べる風習がありました。その習慣が日本に伝わったものと言われていますね。

邪気払いで小豆粥を食べる習わしがあったようですが、小豆の持つ効能が正月の暴飲暴食の生活環境の乱れに対して、効果があるということや、お粥で弱った胃を休めるという意味があるようですね。

小豆粥の簡単な作り方

小豆粥って何が一番めんどくさいかというと、やっぱり小豆を煮ることなんですよね。できたら、小豆とお米をお鍋に一緒に入れて、できあがり!!

だったらいいのですが、先に煮ておく必要があります。しかも、3回位お水を替えて煮なければいけないんです。

めんどくさっ!!と思った方には、あずきの水煮を購入することをおすすめします。あずきの水煮缶を購入して、炊飯器のお粥モードで、小豆の水煮とお米を入れてスイッチオン!!

これで小豆粥のできあがりですよ。お好みで塩や砂糖と一緒に召し上がれ!

とはいえ、あずきの水煮も高いし、あずきで一から作りたい!という方には、こちらのレシピがおすすめです。

小豆粥をアレンジ

小豆粥に飽きた方や、ちょっと違った小豆粥に挑戦したい!と思った方向けに小豆粥のアレンジについてご紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kudo_shizukaさん(@kudo_shizuka)がシェアした投稿

小豆粥に貝味噌!!これは美味しそうです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

amaguri kitchen & photoさん(@amagurikitchen)がシェアした投稿

かぼちゃ入りで美味しそうですね!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiko Fujiiさん(@okko326)がシェアした投稿

揚げ餅が入っていますね!ぜんざいっぽくていいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sjrincatmさん(@sjrincatm)がシェアした投稿

なるほど!おぼろ昆布は合いますね!

まとめ

いかがでしたか?小豆粥を食べるのは小正月と冬至で、中国から伝わりすでに平安時代には風習が伝わっていました。

無病息災を願って小豆粥を食べる。願いを込める意味もありますが、正月の食べ過ぎたお腹を休める意味や小豆の持つパワーで体の調子を整える効果がある。

小豆粥のアレンジは、そこまでアレンジではない笑