エンタメ

オーストラリア夏のクリスマスの過ごし方・食べ物や習慣を紹介!

オーストラリア クリスマス

南半球にあるオーストラリアは日本とは季節が逆になります。

なので、日本でコートを着ている時期にオーストラリアでは、タンクトップにビーチサンダルで過ごしてい ます。

そんなオーストラリアで過ごす夏のクリスマスを紹介していきます。

オーストラリアの夏のクリスマスの過ごし方

夏といえばキャンプという方も多いと思いますが、オーストラリアのクリスマス休暇は正に!!キャンプ一色になります。

至るところにキャンプ場があるこの国は、クリスマス休暇をキャンプをしながら家族とのんびり過ごす人たちが本当に多いんですよね。

この時期のキャンプ場はどこも満員で、予約をしないと場所が確保出来ないほど。クリスマスにキャンプって日本からすると結構意外ですよね!

オーストラリアのクリスマスの習慣

オーストラリアのクリスマスは、基本的に家族で過ごします。 普段は会えない遠い場所に住んでいる、家族や親戚に会いに家族総出で出かけます。

そして1家に1台はあるという、BBQコンロを囲みます。 この時期になるとスーパーには、鳥などの肉の塊がズラッと並び、その塊をBBQコンロやオーブンでじっくり焼き、待ってる間は家族団欒の時間です。

オーストラリアのクリスマスの食べ物

先でも出てきましたが、オーストラリアはBBQ大好きな国です。

鳥の丸焼きはもちろん、キロ単位で豚や牛の肉の塊が売っています。 そして欠かせないのが、シーフード料理です。

ロブスターやエビ、カニなどもクリスマスフードとして人気です。 ちなみにオーストラリアのクリスマスはほぼ全てのお店がお休みです。

なのでオーストラリア人にとってクリスマスというのは、外食やお出かけというよりは、家族で食事をし、無事に1年を過ごせたことに感謝をする日なんですね。

オーストラリア在住の日本人が感じるクリスマスの違いについて

オーストラリア クリスマス

まず1番に思うのは季節です。 日本で○十年クリスマスを過ごしてきた身としては、寒くないクリスマスには違和感しか感じません。

街は日本と同じようにクリスマス仕様になっているのですが、サンタクロースはタンクトップを着ていたり します。

そして必ず家族で過ごします。 ティーンの子に彼氏彼女がいれば、何の疑問もなく彼氏彼女も連れて。

あとは本当にお店が開いてないです。 25日の1日だけなのでそんなに困らないですが、クリスマス当日になって『あっ買い忘れた』となった ら、もー諦めるしかありません。

オーストラリアのクリスマスは、家族とBBQが一般的です。 季節も夏なのでキャンプ好きな人は、オーストラリアで、日本では中々お目にかかれないサイズのお肉をお供に、BBQキャンプ!!

なんていいかもしれません。 東京から最短で7時間ちょっとで行けるオーストラリア、気候が違うだけでこんなに雰囲気が変わるクリスマスはいかがですか?